スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中のぺーこ


ふと、ぺーこを思い出す時がある。


それは、手触りだったり、私を呼ぶ、あのオットセイのような声だったり…。








あぁ、ぺーこはこうやって私の中でずっと生きていくんだなぁ、と思う瞬間なの。


今でも、こうやってブログに載せる為に写真を選んでいても、不思議と涙が出てくる。


それは、胸が痛くなるような苦しい涙ではなく、何かしら、私の中の何かを洗い流してくれるような、とてもさらっとした涙。


何かを洗い流しながら、心にできた擦り傷を優しい膜でおおってくれるようでもあって…。


天国から私を愛してくれているんだ!


親バカですか、そう思ってます。




あの忘れられない笑顔。








ぺーこが遺してくれた大切な思い出になろうとしています。



スポンサーサイト

ペーこのいない時間

とんとご無沙汰をしてしまいました。

ぺーこが天使になってから、もうじきひと月になろうとしています。


たとえ息をしていなくても、ペーこが「そこ」にいるうちはまだよかった。

話しかけたり撫でたりして、愛情をかたむける対象があったから。



それまでのぺーこだって、正直言えば、話しかけても答えてくれないから、ただ一方的に私が話しかけてただけなんだし、何かを期待して話していたわけじゃない。


でも、それでもぺーこは「そこ」にいてくれた。


抱きしめさせてくれたり、お世話をさせてくれたり、私の気持ちを受け止めてくれてた。



20091019115717.jpg



でも、今はいない。


なんでもないことを「ねぇ~、ぺーこ!」って話しかけたり、「ママは今日も頑張って働いてきたよ~!」って言って、ぎゅ~~~って抱きしめたり。


したい!

何度でもしたい!



うちにはありがたいことに、まだたくさんの犬達がいてくれている。


おかげでいわゆる「ペットロス」にはならないですんでると思う。



でも、ぺーこではない。


ぺーこに会いたい。

オットセイみたいに「オゥ オゥ」って呼ぶぺーこに会いたい。



天使になったぺーこに会いたい・・・





・・・多分、似合ってないと思うけど・・・・・・。

ありがとう

ぺーちゃんが旅立ってから、励ましのメールをくださった方、お悔やみをくださった方、お花をくださった方々、本当にありがとうございました。


この場を借りて心からお礼申し上げます。



ぺーちゃんの旅立ちは本当に穏やかな穏やかなものでした。

皆様の心が神様に届いたのでしょう、私の腕の中で眠るように息を引き取りました。


レスキューしたときはほんとにぶちゃいくで「よれよれのばあさんで、ぶちゃいくな大型犬なんて、絶対にもらわれないじゃ~~ん」と嘆いたことを鮮明に覚えています。


20080704104210.jpg

ねっ、寝顔すらぶちゃいくでしょう。


飼い主さんと離れ離れになり、6月の雷雨の中、電信柱につながれるという悲しい経験をしたぺーちゃん。
しかしそれもたくさんの人に愛されるためだったのかもしれませんね。



人に愛されて、大切にされて毎日毎日表情が豊かになっていったぺーちゃん。





20090829012501.jpg


これが私の一番のお気に入り。


無表情のあきらめきったお顔が、感情表現もしっかりできる愛され顔の女のコにかわりました。





そして旅立ちのお顔。





キレイでしょう。



ブログに載せることはとてもためらわれましたが、あまりにキレイなお顔なのと「ぺーちゃんはお店のアイドルだったから、お別れしたい人がいるよ」という言葉に後押しされて載せました。


こんなに優しいお顔で眠るように旅立てたのも皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

水曜日の朝のこと

それは、いつもと変わらない毎日繰り返されている朝だった。

ぺーちゃんはこのベッドで寝ている。





ダンナさんお手製のベッドで、私が介護しやすい高さで作ってもらったもの。








いつものことだけど、とても気持ちよさそうに眠っているぺーちゃん。








このクマちゃんとハスキー君は、ぺーちゃんのお友達。
クマちゃんは湯たんぽのカバーなんだよ! かわいいでしょう。
夜の間はぺーちゃんのお腹をあっためてくれて、日中はぺーちゃんのお友達にもなってくれてるんだ。

上の画像と違うところがあります。

さて、ど~~こだ!


それは、ぺーちゃんの向きで~~す!

床ずれ防止のために、コロコロむきをかえているので~す。

わかったアナタはすごい!








日が高くなってくると、サンルームへ移動。

ここはポカポカ暖かくて、お昼寝にはサイコー。
こちらまで、ついうとうとしちゃうことも、しばしば。







ぶんちゃんも日光浴がてら、ぺーちゃんのお見舞いに。

このあと、しばらくの間、2頭で気持ちよさそうにおネンネしていました。




これが、いつもとかわらない毎日のことでした。



でもこの日は違ってしまいました。



サンルームからお部屋のベッドに戻ったら、大きく口を何回もあけ始めて。



パクッ     パクッ        パクッ           パクッ

パクッ          パクッ            パクッ

パクッ                パクッ

                                  ・・・パクッ

ひょっとしたらもう一度パクッってなるかもしれないと、ぺーちゃんを見つめ続けたけど、どんなに待ってもダメでした。


私はぺーちゃんが生きているうちにどうしても伝えたいことがありました。


「生まれ変わっても、私のコになってね。 待ってるからね。 安心して戻ってきてね。」


ぺーちゃんの耳元でずっと語り掛けました。



これが水曜日の出来事でした。







いままでぺーちゃんを応援し励ましてくださった皆様、本当にありがとうございました。




気持ちが落ち着いたら、またアップします。




ありがとうございました。

ぺーちゃんを応援して下さった、たくさんの皆さん。

今までありがとうございました。

先程、2時少し前に息を引き取りました。


とても穏やかで幸せな旅立ちでした。



本当にありがとうございました。
カテゴリー
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん
浜松市大平台3-14-1
tel 053-485-6011
営業時間 10時30分
          ~18時
(4月~10月は19時まで)
定休日 
 ショップ毎週月曜・火曜
 ホテル元旦のみ
動物取扱責任者 
       河村由貴子
動物取扱業登録番号
訓練 第223306039号
保管 第223306040号
有効期限 
   平成28年6月19日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。