モテモテぺぺばあさん。

20090130235205


20090130235203


20090130235200
スポンサーサイト

楽しい!!

毎日、楽しい~~


20090130104326.jpg


こんなんしたり

20090130104306.jpg



あんなんしたり

20090130104328.jpg





あ~、疲れた・・・

20090130104308.jpg



名前がついたよ!

20090128121837 僕チャロ。
 ちょっと泣き虫だけど、それもチャームポイントかな!
 おトイレもちゃんと覚えたよ。

 
 ママから。

 一番の甘えん坊です。
 本犬も言ってるとおり、やや泣き虫ですが、ずっと鳴いているわけではありません。

 おトイレもすぐに覚えてくれましたし、夜ねるときはハウスにはいってからちょっと鳴きますが、それ以降は朝までしっかり寝てくれます。




20090128121834 私モッチ。
 兄弟の仲では一番のおりこうさんです。

 もちろんおトイレも失敗したことないのよ!
 

 ママから。

 本当におりこうさんです。
 シーツに誘導したら一回ですぐ覚えてくれました。

 はじめて犬と暮らす方や、お年寄りでも飼いやすいとおもいます。


20090128121832 僕、風(ふう)

 僕は男の子として外でおしっこしたいんだ!
 だけど、おそそはしないよ。
 ちゃんとお庭まで我慢できるよ!

 
 ママから。

 自己申告のように、シーツではしてくれませんが、失敗もしません。

 とても犬っぽい犬です。
 しかし、ややぽけ~~っとしていておもしろいコです。

 夜鳴きなどもいまのところまったくありませんので、暮らしやすいと思います。


新しい家族まってま~す!


大切に育ててくださる方を募集します!

20090127150810.jpg


向かっていちばん右のコが女の子で、あとの3匹は男の子です。

推定月齢 3ヶ月(まだ乳歯です)   体重  どのこも3,5キロ前後


本日レスキューしてきました。どのコも「おいで~」というと、ちょこちょこついて来て、それはそれは可愛いです!


20090127150928.jpg


20090127150926.jpg



左のコのお顔がわかりずらいので、おすまし顔で一枚。

20090127150808.jpg


このコたちも処分犬です。

家族の一員として育ててくださる方をお待ちしています。

ペペばあさん、弱ってきたなぁ。

最近目に見えて弱ってきた。

寒さのせいならいいんだけど、どうもそれだけとは思えないのよね。


この前も、なんか遠くから動物の鳴き声がきこえるなぁって思ったけど、ほんとにかすかに聞こえる程度だったから、となりの山からだろうくらいに思ってたの。

でもなんか違う。

で、サンルームを見たらペペが起き上がれずにひっくり返っていた。

すぐさま抱き上げてカーペットを敷いてあげたけど、それでもふんばりきれずにズズ~~と滑っちゃう。


それと、ごはんをすくえなくなってきた。

食器にそのまま入れると、ごはんをすくえずに歯をガチガチさせて食器を噛んじゃう。

なので、お団子にしてあげてみた。


20090126155113.jpg

我ながらナイスアイデア。

これを1個ずつ食器にいれてあげることにした。


それともうひとつ、困ったことが・・・。

いままで楽勝で使えてたスロープから落っこちるようになってしまった。

20090126155302.jpg


よろよろするとペペは頭が重いのであろうことか頭から落ちちゃう。

昨日も落っこちて足を切っちゃた。


いまのところ大事にはいたってないけど、これでは快適な生活を送れなさそうなので、スロープに手すりならぬ「柵」をつくることにっ決定!!

完成したらお披露目しますので乞うご期待!



先日お客様のワンコ(N様のちいちゃん!!)の、お誕生日があり、お手製のケーキをみんなにふるまってくれた!

ありがたいことにぎゅうやペペばあさんにも幸せのおすそ分けをそてくれたの!

20090126155115.jpg


とっても美味しそうにペロペロしてました!


これでまた寿命が延びたね!ペペ。

新しい家族がみつかりました!


キャバリアのレイちゃんに新しい家族が見つかりました!
よかった、よかった。

今更ながら。


昨日は「動物取り扱い責任者研修会」があり、参加してきました。

お昼ご飯を食べてからの一番眠い時間のスタート。
寝るな!というほうが酷というもの・・・。

しかし、几帳面で真面目なA型なわたし!「寝るな~~。寝たらしんでしまう!!」ばりに必死で起きていました。

例年は・・・。

今回は眠れませんでした。

衝撃的で・・・。


まず、浜松市の犬猫に関する統計資料が配られました。ふふ~~んと読んでいくうちに、胸がいたくなってきました。去年の浜松市のものです。

犬の保護収容数  360頭   内訳 返還 208  譲渡 74  処分  78
犬の引き取り数  150頭   内訳 返還   0  譲渡 14  処分 136


保護された犬達の8割は飼い主のもとへ帰ったり、新しい家族をみつけられ今でも生き続けています。

しかし、飼い主よって処分犬として持ち込まれた犬達はたった1割の生存率です。言い換えれば9割の犬が持ち込まれてから数日の間に命を落としているのです。

同じ飼い主として大ショックです。

猫にいたっては、1041頭持ち込まれ、譲渡数はたったの48頭です。


持ち込みという事はついさっきまで一緒に暮らしていたんでしょう?どうなってしまうのか考える能力もないんでしょうか?

現在の日本の処分方法はガスによる窒息死です。「安楽」なんてうそっぱちです!

飼えないから、いらなくなったから、手に負えないから、だから処分。

心が歪んでます。ものを捨てるように気軽に命を捨てる、そんな環境で育った子供が思いやりのある子供に育つわけが無い。

親の背をみて子は育つ。よく言ったものです。

尊ばれない命なんてあるわけが無いし、その基準て何?ってききたいわ。


後は・・・。

今更ながらのタイトル通り「狂犬病」です。

日本では1957年以後、国内での発生はありません。

狂犬病が撲滅されたのは全世界でも、日本、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ヨーロッパの一部だけで、アメリカをはじめお隣の韓国、中国など今なお亡くなっている人がたくさんいます。

狂犬病をご存知無い方の為に一口レッスン。

狂犬病はウィルスによる感染で人畜共通感染症です。犬、狸、アライグマ、スカンク、こうもりetc
などほとんどの温血動物に感染の危険があり、なかでも一番は犬です。
感染し発症すると治療法が無く100%死にいたる恐ろしい病気です。
2006年にフィリピンで犬に咬まれた二人の日本人が発症し、その後亡くなっています。


貴方のパートナーはワクチンをうってますか?

治療法の無い恐ろしい病気ですが、ワクチンをうってさえいれば感染を防ぐ事ができます。
飼い犬の登録が義務付けられているので、登録をすれば役所から毎年春に案内がくるので、否応なくうたなければなりません。

しかし、登録をしないで犬をかっているとこの通知がこないのです。
だっていないことになってるんだもん。

ペット不可の住宅でこっそり犬と暮らしていて登録してない人、けっこういるのでは・・・。


お隣中国での事。2008年10月の共同通信から。

中国雲南省弥勒県で狂犬病による死亡者が相次いだため、県内の犬猫すべてを殺すように指示。
県内では9万頭以上の犬猫が飼われているが、すでに1万1500頭が殺された。
県内の犬8万4000頭はすでにワクチンをうっているのに、「ウィルスが変異する可能性もあり、動物防疫法により一律に捕殺する」とのこと。わけわからん!!

と思えば、バリ島では。2008年12月の共同通信。

9月から11月にかけて犬に咬まれて4人死亡。約210人の獣医を動員し、計9000頭もの犬にワクチン接種を開始。3ヶ月後に再接種し、感染の有無を調査する予定。


同じ病気なのにこの違い。お国柄では片付けられないよね・・・。


研修で発症した患者の経過ビデオをみた。

泣けた。

1950年 日本。
4歳5ヶ月のぷっくりしたほっぺが可愛らしい男の子。
耳たぶを犬に咬まれて感染。

狂犬病が発症すると痙攣や麻痺、よだれなど分泌液が溢れ出て、神経がむしばまれ死に至ります。

発症当初はぷくぷくした可愛らしい子でした。

症状が進むにつれあばらが浮き上がり、目はうつろに空を見ています。
そして、なにより忘れられないのが、口内に溢れ出るよだれを拭き取り、紙を捨て、また拭き取りそして捨て・・・。その子の前にはみるみる紙の山が高さを増してゆきます。それでも拭く事をやめやれない男の子。一生懸命拭いているその姿が忘れられないの。

苦しみを和らげる治療しかできないでいる医師の無念さを、言葉すくなに語っていました。

最期はお母さんに手を握られて天国へ旅立ったそうです。


これはほんの60年前の日本の事。私の親世代が子供のころのはなしです。


いくら島国とはいえ、このご時世どこから何が入ってくるかわかりません。狂犬病は分泌物で人から人へも感染します。

パートナーを守るとともに私たちをも守ってくれるワクチン。

犬を飼ったら必ず登録、そしてワクチン接種。


今更ですが、病気が無い今だからこそ、みんなが気を引き締めなければならないと思います。

トレーニングをして思う事


犬の幼稚園 One's Wan!!のトレーニングはプライべートレッスンになってます。

スクールレッスン(グループ)のほうが俄然効率はいいのだけれど、プライベートにこだわってます。

何故かというと・・・。


私がこの道にはいるきっかけとなった、某ボランティアから譲り受けた1頭の犬

このコはお見合いのときから、鼻にケロイド状の傷がありました。
そのときはとりたてて気にもせずにうちのコとして迎えいれました。

しかし、暮らしていくにつれどんどん様子がかわっていき、ボランティアの方にいろいろ問いつめてみたら、幼犬の頃に虐待されていて鼻の傷はバットかなにかで叩かれてできたらしい事、今までに何人も飼い主がかわっていて、わずか2歳だというのにわたしが7人目の飼い主だということなど、聞いてびっくりな情報がでてきました。

これではいかん!と思い、紹介していただいたレッスンに通う事にしました。

しかし、よかれと思って始めたトレーニングが彼によけいストレスを与える結果となってしまいました。

スクールレッスンを否定するわけでは決してないので、内容は省きます。


でもそこで思った事、感じた事は、本当に困ってる人が通えないのは何故?ということでした。


それで一念発起し、猛勉強!!

幸いその頃には2頭目のハスキーミックス「ぶん太」がいたので、彼をつれて様々なセミナーに参加しまくりました!


その甲斐あって、若かりしぶん太とわたしのペアは人様に誉められるまでに成長し、その後「ナルちゃん」にパートナーをかえたりしながら、トレーニング三昧の日々を満喫してました。

でも、やはり心にあったのは1頭目のコ。

トレーニングにすら通う事ができなかった彼の事です。

「私は絶対にこういう犬のトレーニングができるプロになるんだ!!」と、ず~~~っと思い続け、やっと自分のお店を持つ事ができました。

咬むコ、吠え続けるコ、極度な恐がりのコ、うちのトレーニングに来てくださる飼い主さんは、みなさん悩みを抱えています。

7割ちかくが「咬む犬」です。

こんな状態の犬は、スクールレッスンに参加できないのです。でも本当に困っているんです。

「育て方が悪かった」皆さんそう思っていらっしゃいますが、そればかりではありません。

パピーなのに、人に対して鼻にしわを寄せて咬むコの多いこと!!


環境がかわれば犬はかわります。

そのためには1番の環境である『飼い主さん』がまずかわってあげることです。

飼い主さんがかわらなければ犬もかわりません。


ほかの人に気を遣うことなく、比べる事無く、犬と向き合って欲しい!!


だから『プライベートレッスン』なのです。


そして私が今切実に思う事は、パピー達にもうちょっと時間を与えてください。

お母さんや、兄弟達と過ごす時間を。


いずれパートナーとなる犬達が、間違った道へ進まない為の「学習」を、思う存分するために。





寒いわけです。

20090111204852
お庭の水入れに氷がはってました!

なるほど、寒いわけですね。

祝!オムツがとれ・・・。

・・・ませんでした!!

よかった~~~。

20090107161252.jpg



ガムテープってすごいね!!


ぺぺばあさんのオシッコにも、徘徊にも耐え忍び、ただひたすら朝を待ったであろうガムテープ!

君のおかげで、毎朝恐怖を感じる事無く、さわやかに目覚めているよ。


あぁ、もっと早く気づけばよかった。(じゃん、旦那!)



毎晩の儀式。

ぺぺばあさんが、すやすや眠るため&私の朝のお掃除を楽にするため、年末からぺぺばあさんにオムツをはいて貰ってます。

オムツを履いてるので、ホカホカカーペットもひけるようになりました。

相変わらずの骨皮筋子ちゃんなので、見るからに寒そうなの。

初めは、あったかい場所がわからないのか、まったく見当違いな所で寝てたのに、今ではちゃ~んとカーペットの上で寝てくれます。


しかし・・・。

オムツを履かせるのがホントにたいへんなの!

下半身を刺激すると大小かまわず出てしまうので、まず一旦庭に下ろしてオシッコマッサージをして排泄をさせて、またテラスへ上げます。

次に、ぺぺばあさん用にカットしたオムツをシッポから通し、すかさずオマタに回して万が一の粗相に備えます。

太ももも前からテープをつけるんだけど、これが一番たいへん!!
左手で、背中とオムツを押さえ、オマタの下からオムツを回し入れてた右手を、さっと抜きテープをとめます。

で、このときに暴れるので何回かこの動作を繰り返さなきゃいけないの。

そして、やられてしまいました。頭突きを!!

もう、すっごい痛かった!!しばらく動けなかったもん。寒風吹きすさぶ中、しばしうずくまりクラクラがおさまるまで何分くらいだったかなぁ。

そんな思いまでしてつけたのに、オシッコの重さで落ちたオムツ。

20090104114048


うぅ~~~~~。

でもぺぺはしっかりカーペットの上ですやすやお寝んね


これが2日の出来事。

昨日は青かった痣が、今日は黒くなってる~~~~~~!

お客様曰く、だんだん色が濃くなっているという・・・

鼻の骨がぼこっと出ている所なので、目立つのよね。でもここで良かったって。もう少し下だったら骨が折れてたよ!って慰められちゃった。

まぁ、不幸中の幸いと思って、一日も早く色が消えるように神様にお願いしなくっちゃ!

もうアラフォーだし・・・、新陳代謝悪いし・・・、顔が命の女優だし・・・。

里親さん募集します

20090103140615
新年早々、里親さん募集です。

キャバリアの女の子、レイちゃんです。

推定年齢5~6歳

健康状態 良好

性格とっても良しの甘えん坊さんです!

新しい家族を待ってますので、皆様よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。


新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いや~、年が明けました!  人間、どんなに忙しくても時間は平等に過ぎていくものなんですね・・・。

な~んてしみじみモードでむかえた2009!今年はどんな楽しい事が待ち構えているのか!ちょっとだけワクワクしちゃいます。  

毎年思う事ですが、今年こそ余裕をもって何事も計画的に・・・。できた試しが無い!!

犬達と生活している時間が長いからか、もともと?なのか、最近「本能」で動く事が多い気がするの。

トレーニングなんて知識に裏打ちされたまさに「本能」以外のなにものでもない!!
(自慢していいのか、悪いのか・・・)

もうすぐ二回目の成人式を迎えるのに、こんなことでいいのかしら。

先月もトレーニングでラブとなんと1時間も戦って、お気に入りのパンツに穴あけちゃったし、体中アザだらけだし。

こんなとこ絶対彼にみられたくな~~いって体制もしちゃったし。

あ~、とりあえず嫁に行ってて良かった。


そんな昨年でしたので、今年こそ、女の子らしく楚々とした品の良いひと!になるんだ~~!

でもきっと、今年も体張ってるんだろうなぁ。だって、ペペばあさんもいるしなぁ。

まぁ、新陳代謝も悪くなってるので、顔にだけは怪我をしないように気をつけます。
以前、気づいたら額から血が出ていた事があったので・・・。

キャー、もしかしてDV?

その通りです。ちょっと違うのはDomesticではなく、「Dog」ですけど!

こんなですが、今年もよろしくお願いいたします。


カテゴリー
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん
浜松市大平台3-14-1
tel 053-485-6011
営業時間 10時30分
          ~18時
(4月~10月は19時まで)
定休日 
 ショップ毎週月曜・火曜
 ホテル元旦のみ
動物取扱責任者 
       河村由貴子
動物取扱業登録番号
訓練 第223306039号
保管 第223306040号
有効期限 
   平成28年6月19日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる