スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぺーちゃん、がんばってちょ!

ぺーちゃんの体調がいまいちよくない。

発作時に擦ってしまうので、右側の口周りがハゲになってしまった

20091127110051.jpg


右を上にして寝かせると、しばらくするとどこかがつらいのか、「ひぃ~ひぃ~~」と泣くの。

でも、ずっと同じ体勢をとらせていると床ずれができちゃうので、あまり泣くときは短めにしたりと配慮はしてるんだけど、親の心知らずですぐに「かえて~~」と泣いて呼ぶんだ。


20091127110049.jpg


だから左側は比較的キレイでしょ。


でも、こっちはこっちで目がね・・・。
なぜかこちらだけ膿のような目やにがでるんだよ。だから目の周りの毛がいつも濡れてて、脱毛しはじめちゃった。


膣炎も併発していて、抗生剤を膣内にいれてるんだけど、大きな錠剤を半分に割って使ってるせいか、薬の角で膣内が傷ついちゃって、昨日から緑色だった膿が赤茶っぽくなってしまった。



しか~~し!

先日銀についてのセミナーに行ってきた。銀ていっても私のすきな「ヒカリモノ」の銀じゃなくて、薬としての銀だよ。


銀には、バクテリアやウイルスを滅菌、殺菌させる力や消臭などの力があって、その効果についてのお話だった。


昔の人が銀を食器として使ったりしていたのも、雑菌を除去する効果を期待してのことなんだって。

知ってた?スペースシャトルも銀が使われているんだよ。
アタシはエイリアンから身を守るためだと真剣に考えてたら、まったくの逆で、宇宙に変なモノを持ち込まないためなんだって!



銀は安全性が優れていて、そのうえ副作用がないので、抗生物質の代わりとしても使えるんだって。


抗生物質は、使い続けると「耐性菌」がでてきたりと、心配な面もあるけど、銀はそれも無い。

だから安心して使うことができるから、食器や銀歯など口に入るものにも使える。

ぎゅうちゃんも使っている銀をプラズマでナノ化したクリームは、実は世界特許をとっていたんだって!知らなかったよ!


で、早速ペーコにも使うことに。



目やにのひどい目と、今朝から鼻血も出続けているので、鼻にもいれてみた。


これで膣炎にもいい影響があるといいんだけど。




20091127110047.jpg

「おまえも大変ニャ~な。でもがんばるんだよ!」





スポンサーサイト

マイブーム!

以前に「ぎゅうちゃん日記」でもお知らせした、中綿の入っていないぬいぐるみシリーズに、新しい仲間ができました。

実はこのぬいぐるみ、当店ではちょっとしたヒットなんです


20091122153038.jpg


中綿がないので、間違って食べてしまうことがないし、なにしろクタ~~~ッとしたところがリアルでかわいいんです


ちなみにこれは、ぎゅうちゃんが今まさに襲わんとしている様子。

20091122162055.jpg


カモさん危機一髪!




いつもおりこうさんでお留守番してるコ、パパママさんの運動不足につきあってくれてるコ、愛すべきワンコのプレゼントにいかがですか



おたっしゃハスキーズ

我が家のボス 、ぶんちゃんとぺぺばあさん。

黒いほうがぶんちゃんで、茶色のほうがぺーちゃん。


20091121001618



獣医さんの見立てでは、ぶんとぺーちゃんの年齢はそんなに違わないはずらしいが、見た目ではこんなに違う。

ぶんちゃんの毛艶がツルツルしているのに対して、ぺーちゃんはボサボサしてるし艶もない


育った環境で幸せにもなれば、そうではないことも・・・。


ぶんちゃんは捨て犬。わずか950グラムしかなかったときに、私と運命的な出会いをし、わたしのおしつけがましいほどの愛情をうけ、すくすく大きくなりました

犬の代金は0円だけど、保護してからどれだけの費用がかかったことか


かたやぺーちゃんは純粋なハスキー。
たくさんのお金を払って買ったであろうに、その頃の気持ちをどうして人は忘れてしまうのだろう。


「氏より育ち」 ということわざがあるけれど、つくづくそのとおりだなあと、思ってしまう。


ペットとして暮らす生き物の一生は、飼い主しだい。


「親ばか」はいいけど、「ばかな親」にはならないように、したいものですね。




元気だして!

20091114211131
最近、ガクッと老けこんじゃったぺーちゃん。

目にイキイキとした輝きを感じなくなってきて、なんだか沈んだ様子なの。


とても心配。


お店からも、なるべく暖かいうちに帰すようにしてるんだ。


わかってはいたことだけど、実際こうなるとやはり悲しい。


わかってはいたんだけどね…。

お母さん、大丈夫

ここ3~4日、ぺーちゃんの元気がなくって・・・。

食欲もめっきり落ちちゃって、なんとかミルクだけは飲んでくれているけど、食べ物をお口に持っていってもイヤイヤして顔をそむけてしまうの。


なんとかミルクをのんでいるペーちゃんを心配そうに見つめるダンディと、ミルクを狙っているぎゅうちゃん。


20091108164541




ダンディ達兄弟は、レスキューして我が家にきた時から一緒に暮らしているぺーちゃんを、お母さんと思っている様子。

とくにダンディは、幼稚園でも一緒だし、ぎゅうちゃんに怒られたり、眠くなったりすると、いつもぺーちゃんのベッドにいって寄り添っている。


「おかあさん、しっかりミルクのんで、はやくげんきになってくださいね。ぼくみてますから!」


20091108164539




ぺーちゃんが飲み終わると、確認しにお皿を覗き込むダンディ。


20091108164536


「あっ、ちゃんとのんでくれましたね。でもちょっとくらいのこしてくれてもよかったんですけど・・・」



なんだか、とってもほのぼのとした2ショットだと思いませんか。



お母さんと慕ってくれるダンディのためにも、モリモリ食べて元気にならなくっちゃね、ぺーちゃん。

気分はお姫様

20091105225342


ぺーちゃんのお布団は、京都のおばあちゃんのおさがり。


色調といい柄といい、なんか「大奥」っぽくない?


気分は「徳川家の姫君!」


高貴な夢でもみて下さいませ。




最近ぺーちゃん元気なくて、ちょっと心配なんだ…。

ごろうったら~

20091101190431
大人には厳しいごろうですが、おこちゃまにはこの態度!


ゴロ~ンとお股まで開いちゃって、撫でて~の催促。


まったく、おまえってヤツは!!

衝撃的な出来事

いつも楽しく読ませてもらっているブログの一つにビーちゃんとココアちゃんママの
「犬と楽しむスローライフ」がある。

今回はそのなかの「イノシシ」がとても。考えさせられる内容でした。

田畑を荒らすイノシシが捕獲されて、ビーちゃんママのなんとも言いがたい心境が思いやられるんだ。

私はイノシシがかわいそう!!と言っているわけではないの。

昔の人たちはそうやって「命をいただく」という生活をしてきたんだもの。

さっきまで野原を駆け回っていたイノシシやうさぎ、さっきまで飛んでいた鳥。

命をいただくという実感を幼い頃から経験していたから、命の大切さや儚さをしっていたんだろう。


今の生活ではしるとこの無い胸の痛みだと思う。
自分の命が、他の命を犠牲にするとこで存在している。ややもすると忘れてしまいそう。
でもあたりまえの事として生活してきた。

今回、このブログを読んで思った。

このイノシシを可哀想と思うなら、スーパーでパック詰めされたお肉として売られている「命」を有り難くいただかなければいけない。

豚、牛、鳥。

命をいただいてることを思いやれる子供達が増えて欲しいと心から思う。


私の知り合いのはなし。

今夜は鳥鍋。美味しく食べていたそのときに聞いた父の言葉。

「このお肉はピーちゃんだ。」

ピーちゃんとは飼っていた鶏の事。

小学生だったその子は泣きながら食べたそうです。


すごい体験だけど、いい体験だとも思う。

みなさんもちょっと考えてみて下さい。
カテゴリー
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん
浜松市大平台3-14-1
tel 053-485-6011
営業時間 10時30分
          ~18時
(4月~10月は19時まで)
定休日 
 ショップ毎週月曜・火曜
 ホテル元旦のみ
動物取扱責任者 
       河村由貴子
動物取扱業登録番号
訓練 第223306039号
保管 第223306040号
有効期限 
   平成28年6月19日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。