輸血についてpart2

輸血について、コメントをくださってありがとうございます。


特にごろうを出さなかったことについては、みなさんが賛同してくださったので正直言ってほっとしました。

自分で決めたことだから、これでいい!と思ってしたことだから、どんな意見があってもしかたないと思っていたけど、なんか情けないけどほんとにほっとしました。


私はインターネット関係がとても苦手で、いろんなことを調べようと思ってもなんだかとんちんかんな結果になってしまうので、さくらパパが調べてくれたことは、とても貴重な情報でした。(詳しくは輸血についてのコメントをみてね)


わが町浜松でさえ輸血用の血液が足りないくらいなんだから、大都市圏ではそれはたいへんな問題なのでしょう。
まして、街中をバッグやバギーに乗ってお散歩するのがステータスのような現状では。


私はこの状況を非難しているわけではありません。
私もちっちゃいコをバッグにいれて、表参道とかのおしゃれなカフェでお茶飲んでみたいもん!


だいたいごろうやぶん太を表参道に連れて行こうと思ったら、そりゃあ大変さ!
電車やバスには乗れないので、必ずマイカーを出さなきゃいけないし、お茶は飲めてもウィンドウショッピングしかできないもん!!

だから、ちょっとは憧れちゃうんだぁ。



で、話がそれてしまいました。


なんで小型犬大流行が問題なのかと言うと、ごろうが輸血をした病院での供血犬は3頭でした。
ですが、このコ達だって供血のためだけにいるわけではなく、スタッフさんたちの飼い犬達をつかっているのだそうです。


その病院は結構大きな病院です。その病院でさえ3頭だそうなので、いかに少ないかがわかりますよね。


なので、いろんなコと知り合いになっておくのはとても重要なんです!

「将来の輸血に備えて大型犬を飼おう!」とはいいませんが(当たり前です!!)、万が一のことを考えておく必要はあるのではないかと思います。



人間の献血みたいに、パックで冷凍保存とかできないんでしょうか?

そしたら、元気なときに献血しておけるのにね。



ちなみにうちのぎゅうちゃんは、過去に3回輸血をしています。

一度目は病院のコからいただきましたが、またすぐに輸血が必要になり、生の血だと副作用が強く出るのと、血液内の酸素濃度が著しく低下しているため、「人工血液」というのを2回目、3回目と入れました。


一度目の犬から血をもらったとき、一日中気持ち悪そうに、吐きたそうにしてるのに吐けないというぐったりした状態で、体や舌の色も忘れられないほどグロテスクな色でした。この状態ですぐに2回目の輸血、しかも犬からの血をいれるとなると、それは厳しい副作用がでるのは素人の私も簡単に想像できるほどです。


たくさんの犬たちと暮らしているおかげで、血をいただくほうもあげるほうも経験しましたが、今にして思えば何事も無くすんでよかったと思います。


ほんとに考えさせられますね。






スポンサーサイト

輸血について

我が家のごろうが、今までに何回か輸血の協力をさせていただいたのは、このブログでも紹介してるとおり。


先日もお友達犬の輸血協力をしてきて、まぁ、いつものように元気で帰ってきました!


でも、少し考えさせられることがあったんだ。



「犬の輸血」についてあまり知識の無い方もいらっしゃると思うので、ここで私の知っている範囲で説明します。


輸血できる犬の条件

1 輸血をする犬は健康で、かつ5~6歳未満の中型犬以上
2 血液タイプが一致している
3 全身麻酔をするので、2週間以内に麻酔などの処置をしていない

等の条件を満たしていることが望ましい。



で、何を考えちゃったかというと・・・。

ごろうはここ1~2年の間に、5回輸血をしています。
それもみな同じ病院です。


タイプが同じでも相性が悪いと輸血できないらしいのです。ごろうは相性がいいのか、今までの犬達すべてに血液を提供できました。

前回も問題なく輸血しました。

で、考えさせられることがあったのです。

輸血から1週間後に、再度輸血の依頼がごろうにあり、飼い主として私はすごく悩みました。

何故なら、また全身麻酔をかけなければいけないからです。

先生に直接連絡を取り、前回の輸血から1週間しかたってないので、もし、ごろうしかいないのであれば、麻酔をかけずに、例えば数回にわけて輸血はできないのかと聞くと、それだと理屈の上では可能だけれど、血液が固まってしまうので一気にとる必要がある、との返答がかえってきました。

では、病院に血を提供できる犬はいないのかと聞くと、いるにはいるがみな前の輸血から2週間たっていないので使えないとの返事。


そんなこといったらごろうなんて1週間しかたってないじゃん!!


ちょっとムッとしてそのことを確認すると、ごろうは前回最大量血液をとっていないので、まぁ体に問題はないとの返事。


血量に問題は無いとしても、麻酔のリスクは・・・・





同じ犬と暮らすものとしては、飼い主さんの気持ちは痛いほどわかる、でも、ごろうの体に危険はないのだろうか?


悩んだ末、今回はごろうは出さないと決め、いろんな方に声をかけごろうの代わりに輸血してくれる犬をさがしました。それも必死に。



だって、もし、ごろうが断ったせいで万が一のことがあったなら、一生悔やむと思うからです。





輸血に協力してくださる方が見つかり、輸血について麻酔をかけるので4~5時間かかることなどを説明して、動物病院へ行ってもらうと、タイプは一緒だったのに相性があわなくて、結局輸血することができませんでした。

もう最悪うちのモコしかないか!とまで思ったほどです。(モコは精神的に不安定で発作がおきてしまうの)



こんなやりとりをして、とりあえず病院の元気な犬から輸血することになりました。




私は今まで、とても安易に輸血のことを考えてました。

うちのコでお役に立つならばどうぞ!って思ってたし、実際そうしてきました。

でも、病院の犬達でまかないきれないくらい、輸血を必要としている犬がいる。そして、だからと言ってどんな犬でも輸血ができるわけじゃない。


小型犬大流行の現状で、どうやってこの問題に対処していくのだろうか?

小型犬の飼い主さんに、我がコに全身麻酔をかけさせてまで血液を提供してくれる、中型犬以上の犬友達がいるのだろうか?


病院はこの問題についてどう考えているのだろう?

血液が無ければ治療だってできないはず。




これは、ペットと暮らす私達全員にかかってくる問題です。


それも輸血が必要なくらいならば、「生死」と密接な問題です。





あなたの可愛い我がコが、今、輸血が必要になったら、あなたは我がコを救ってあがることができますか?






ペットフード安全法

平成21年6月、「ペットフード安全法」が施行されました


今日、このリーフレットをなんと農林水産省農政業務管理官という立派な肩書きをもったかたが持ってきてくれました。


こんな方々にお会いすることなどめったにない者としては、どんな方だったのかぜひともお目にかかりたかった!

休憩中だったのが悔やまれます。





(すみません、ケータイ変えたので使い方がよくわからず、こんなになってしまいました・・・)



安全法の内容

対象となるペットフード
総合栄養食、一般食のほか、おやつ、スナック、ガム、サプリメント、ミネラルウォーターなどで、犬・猫が食べるもので、動物用医薬品以外のもの


基準・規格の設定
国は製造方法及び表示の基準、成分の規格を定め、基準・規格に合わないものの製造・販売を禁止


有害な物質を含むペットフードの製造等の禁止


ペットフードの廃棄等の命令


製造業者の届出
輸入業者又は製造業者に、氏名、事業所名等の届出を義務化


帳簿の備付け


報告徴収、立ち入り検査
国と(独)農林水産消費安全技術センターが実施



などなど詳しくは
農林水産省 環境省 農林水産消費安全技術センター  のホームページをみてね。





私は以前から気になっていました。

特におやつ類です。

個人輸入をしているペット業界の方はずいぶんいらっしゃると思います。

とても素敵な犬具(リード、首輪、服など)を、海外から輸入されたりして、私も自分のコ用にいくつも買ったものです。

でも、おやつ類はどうしても買う気にはなれませんでした。

色や香りがきつかったり、パッケージがパンパンにふくれてたりして、ちょっと心配だったの。

だって日本語表記がまったくないので、責任の所在があきらかになってないものも多々あるし・・・。


以前聞いた話では、人間用の食品は検品があるけど、動物用でまして個人で輸入してるものは検品しないんだって。

そうだよね、だってじぶんち用に買ってきた犬ものってチェックされたことないもん。



なので、日本語表記があり、輸入元がしっかり明記されているものを買ってます。



「ペットフードの表示」の義務化は平成22年12月から
「ペットフードの安全基準」の適用は平成21年12月から

それぞれ施行されますので、みなさんも買うときには気にしてみてください。


ペットと暮らす私達が「賢い消費者」になって、かわいいうちのコを守ることが、いずれはすべての動物達の安全を守っていくことになる!と思っています。







ありがとうございました!

皆様、ゴールデンウィークはいかがすごされましたか?

思いっきり楽しんだ方、寝ウィークを存分に満喫した方など、思い思いの休暇だったことでしょう。

 
One's Wan!!には今年もたくさんのワンコたちが遊びに来てくれました。

「シャッターチャンスを逃す女」として有名な私のこと、またもやナイスショット!!が少ないのですが、それも
嬌!とご容赦くださいませ。





どうだぁ~~!シリーズ

moblog_6cf217e1.jpg

アタシこうみえても2児の母なのよ。
みて!このビボー。





moblog_911cfb0e.jpg

ボクは日本ではまだめずらしいんだよ!
これからもよろしくね。






moblog_b473ce85.jpg

ザ・にっぽんの犬!って感じでしょ。







お友達たくさんできたよ!シリーズ



moblog_43959d22.jpg

とってもやんちゃなシバーズ。






moblog_ca6b128f.jpg

おおきいコもちいさいコもみんな仲良し!
そんなこといいので早くおやつください。






moblog_5cdbd4dc.jpg

わらわら・・・






moblog_036c6a3f.jpg

アタシたちオンナノコは高みの見物と参りましょう。






moblog_0bb146c1.jpg

あのぅ、ちょっと開けてもらえないでしょうか・・・






moblog_ee195ce7.jpg

あらあら、うちのコたちはどこかしら?






moblog_8f947031.jpg

ボクたち、貴公子みたいだよね。







moblog_894c0b15.jpg

あっ、遊び相手み~~~~っけ!





moblog_e9ec0d8a.jpg

この姿、まるでカンガルーのボクシングみたいでしょ。






moblog_5e6d8d67.jpg

飼い主さんがみたらきっと驚かれることでしょう!
テリア君、意外とやります!





moblog_0e32f072.jpg

クンクン。






moblog_63f608f4.jpg

クンクン2。




moblog_0d385c92.jpg

モノクローズ。






moblog_ba90c929.jpg

ボクのえがお、ステキでしょ!





moblog_08a3adb0.jpg

「見返り美人」って浮世絵、たしか菱川師宣?だったかしら?






moblog_49b5fa0f.jpg

気まずい雰囲気・・・






moblog_e11dc82b.jpg

誰かこのボール投げてくれないかなぁ。






お疲れ様でした。& あちゃーシリーズ

moblog_3a92ac71.jpg

チビッコたちの相手で疲れちゃいました・・・





moblog_f9286383.jpg

えっ、ボクのことですか?

そのとおりです!!

カテゴリー
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん
浜松市大平台3-14-1
tel 053-485-6011
営業時間 10時30分
          ~18時
(4月~10月は19時まで)
定休日 
 ショップ毎週月曜・火曜
 ホテル元旦のみ
動物取扱責任者 
       河村由貴子
動物取扱業登録番号
訓練 第223306039号
保管 第223306040号
有効期限 
   平成28年6月19日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる