サーフに新しい家族ができました!

サーフに待ち望んでいた「ボクだけの家族」ができました!


実はホームステイに出してはいたものの、とても心配だったんです。
サーフは最初人見知りをするし、最終確認の電話でのお話の中で、お一人同意されていない方がいらっしゃると伺っていたので・・・。



なので、昨夜一応譲渡書を持ってうかがったときには7割方連れて帰ってくるつもりでした。

サーフの顔を見て幸せそうじゃなかったら絶対に連れて帰ろう!そう心に決めていました。


私たちを出迎えてくれたサーフの、とても楽しそうな顔。

「いらっしゃい、いらっしゃい。ボクのうちへようこそ!!」

とばかりに、ワタシと新しいお母さんの間をいったりきたり・・・。



サーフうっとり


お母さんに撫でなでされてうっとり。


ごろ~~んとひっくり返ってお腹を撫でなでしてもらったり、おこたのお布団にのって横になったり、大事にされているのがよくわかりました。


そして、決め手はこの笑顔。

サーフにっこり



あぁ、このうちのコになったんだなぁ・・・


「迎えたからには家族の一員だから」


ご主人がそうおっしゃってくださいました。




そのときワタシの胸で、なにか心のつかえがとれたような、そんな音がしました。



サーフの新しいご家族。

サーフ家族



今まで、人からの愛を知らず、イヌ社会の中だけで生きてきたサーフたち。

心から愛してくれる「ボクだけの家族」を一日も早くみんなにさがしてあげたい。


しかし、何故か寂しい・・・。

一人娘を嫁に出した母親の心境です。


うちには「一人娘」が、いっぱいいま~~す。


サーフとガク。

ガク2ショット


ガク(左側)のママも募集中で~~す。

スポンサーサイト

ばんざ~~~~い!!

抱っこできました~~~~

今日は初めてがいっぱいあって、ブラッシングも初めてできた~~。

で、嫌がったらやめようと思ってたんだけど、優しく優しくブラッシングしてたら、だんだん目が」トロ~~ンとしてきて、だんだん頭が下がってきてそのうちすっかり横になっちゃって。


あんまり気持ちよさそうだったから、20分くらいはやってたかなぁ。


で、これならいけそう!!と、ゆっくり体の下に手をいれてみたら、いやがるそぶりがなかったので、抱っこにトライ!


すんちゃん抱っこ


できた~~~~~


もう逆立ちしちゃうくらい嬉しいで~~~~す。

嬉しい気持ち

やった~
 
すんちゃんが少しずつですが、心を開いてきてくれました
 
昨日は同じベンチに腰かけても、やっと逃げなくなり、嬉しい気持ちを抑えて声をかけてました。
 
 
で、今夜。
 
ベンチでくつろいでるすんちゃんの右側に浅く腰掛けて、まずは声だけでアプローチ。
 
びくびくした感じがなかったので、優しく背中を撫でなで。
 
緊張が走り、上体を起こしたけどそのまま優しく声をかけながら撫で続けてみた。
 
今日は肩から下までと決めて、優しくゆっく~り撫でなで。
 
 
 
するとだんだんと頭を落とし、目がトロ~ンとしてきて、ちょっと気持ちよさそげ。
 
しかし、上半身を左斜め後ろにひねりながら、すんちゃんを撫でているので、もう腰と背中が「限界ですぅ」と泣き始めちゃって!
 
だがしかし、こんなチャンスは次いつ来るかわからない
 
ここはもう少し粘って愛を伝えるんだ
 
少しずつ手を伸ばして、顔を撫でることができた
 
 
 
 
嬉し~~~い
 
 
 
時間はかかっても気持ちって伝わるんだよね
 
 
このまま順調にいって、早くシャンプーできればいいなぁ
 
 
それにこれ以上身体がボロボロになる前に、マッサージに行けるといいなぁ
 
 

何故、すんちゃん?

はっきり言ってワタシの名前の付け方には異議を唱える方が多い

まぁ、それもいたしかたあるまい。と、自分でも思うのでここは潔くセンスがないと認めよう


で、何故「すん」か。

ただしくは「すんちゃん」である。

すんスマイル

最初は白いから(また色か!)スノーにしようと思ってたのに、何故か呼びかけたら「すんちゃ~~~ん」と言ってたの。

で、何故か「すんちゃん」になってしまってね。


「フィン」もいいなぁ~って思い、ダンナに聞いてみると素早く却下。

「サーフ」と「フィン」で「サーフィン!」なんていいじゃん!と反論するもあえなく撃沈


s-フとすん

ちっこいけどちょっとえらそうに胸をはっているのがサーフ。「ごめんなしゃい」モードなのがすんちゃん。

歳で言えばすんちゃんのほうが上なのに、「ここんちのコ歴は僕のほうがながいぞ!」って感じじゃない



まぁ呼びやすいしいいか!で「すんちゃん」決定



来た当初はガクとも権力争い(ただしくはビリ争い)してたけど、余裕でガクが勝って落ち着いちゃったし、なんとかなってます。


まだまだ、食べ物をつかわないとコントロールできないので、今はひたすら「いいひと!」になってま~す。


だってぇ、アタシ女優だしぃ~~~


・・・



サーフのおじちゃん?

サーフがホームステイにいくことが出来たので、センターに収容されていたスピッツをまた1頭引き出してきました。

1頭決まったらまた1頭。これが私なりのレスキューのルール。
(あんまり守られてないけど!)


まだ確実に決まったわけではないけれど、のんびりしていられない理由もあるのです。



実はセンター収容中に1頭亡くなりました。


本当にショックでした。

「もうダメかもしれない」と言う知らせを聞いたのが木曜。金曜の朝、迎えに行った時にはもういませんでした。


サーフを迎えにいったときはまだ生きていたのに・・・。


本当にこのコたちは被害者です。

被害者以外の何者でもないでしょう。



すべてのコを助けてあげられるわけじゃないけど、今までだって救えなかった命だっていっぱいあるけど、でも助けを待っているそのコを助けてあげられなかった。


そんなこと分かりきってること、あまちゃんだって自分でも思う。


でも辛い。




そんな中、1頭迎えてきました。

サーフのおじちゃんかな?



寸横向き


すみませ~~ん、こっち向いてくださ~い。

むいてますけど~~?


ガクでなくて~~!


がくとすん



ボクのことですか? 気がつかなくてすみません。



みて!サーフに似てるでしょう。



でもこのコはサーフと違ってなかなか心を開いてくれません。


なのでリードを付けておかないと、捕まえられないの。


今はとにかく「胃袋」を握らなきゃ!と、おいしいご飯攻撃中。


すんちゃんのそばを通るときは、かならず食べ物をあげてます。

最初は寄ってこないのでばら撒きました。すると遠~~くにあるのからポツポツ食べ、少しづつ寄ってきてくれるのですが、そばまではきません。

手を伸ばしたくなるのをグッとこらえて、ただただ待ちます。



今日なんかは尻尾もふれるくらいまでにはなったんだよ!


頑張ろうね、すんちゃん!!




そして・・・



頑張って サーフ!




スピッツレスキューをしてくださっているボランティアさんたち
詳しくは「緊急募集」を見てください。

浜松里親通信
サークルマム
動物ボランティア ミミの耳
One's Wan!!


上記のボランティアがスピッツを引き受けています。相互に連絡し合っていますのでどちらでもかまいませんので、関心のあるかたはお問い合わせください。

ちょっと心配

今日、サーフがホームステイに行きました。

サーフは臆病だから、里親希望の方達に気に入られるか心配。


サーフが心を開いてくれるまで、ちょっとだけ時間を与えて欲しいなぁ。


もう、娘を嫁に出した親の心境です。



うちの子はホントはイイコなんだけど、その良さはじわぁ~っとくるんだよねぇ…。



とか、



緊張して粗そうしなきゃいいが…。


とか。



頑張って サーフ!

リラックス!

人との暮らしにだいぶ慣れてきたサーフ。

おどおどもしなくなってきて、楽しそうな表情が増えてきました。


でも、サーフが一番すきなのはガク!

ガクの後を追いかけてついて歩きます。また朝チッチのときなどは、歳の順でお庭に出すのですが、ガクもサーフが出てこないと心配な様子。


いいコンビです。


ガクのあっけらかんさとサーフの慎重さを足して2で割りたいくらいです・・・。


ガクが去勢手術をして帰ってきたら、もう心配で心配でうっとおしいくらいにとペロペロしてました。


大丈夫?


「だいじょうぶですか?ホントにだいじょうぶですか?」


「だいじょうぶだから、はなれてください・・・」byガク







こんな格好でリラックス!


ちょうリラックス






バリ兄ちゃんとはおすましで。

バリくんと






こんなふうにサーフが笑えるようになったのは、サーフに接してくれている犬たちのおかげです。

人に愛されることを素直に受け入れている犬を見て、サーフも私たちに心を開いてくれるようになったのだと思います。


少~~だけ開いていた心の扉を、みんなでガバッと開けてくれたよう。






サーフに慕われているガク。

またまたおりこうになって、階段下で私を待てるようになりました。




会談した




ガクの名誉のためにいいますが、ちゃんとお座りして待ってたんです!!

でもワタシが写真をとろうとして「ガク~~」って呼んだら、うれしくってフリフリしちゃったの!


ホント、シャッターチャンスを逃すオンナですぅ。


ガク&サーフ、そしてまだまだいるスピッツたちの新しい家族を募集しています。



研修生が来てくれました

犬の訓練士になりたい!という学生さんが研修に来てくれました。

毎年受け入れているのですが、あのこたちは無事望む就職先を見つけることができたのでしょうか?


と、暗くならずに。




襲われてま~~~す。

研修生2




違いま~~~す。

おやつをあげようとしているのですが、なかなかお座りしてもらえないんです~~~。




1研修生



でも見て!!
ガクはお座りしてるんですよ!!

おりこうです。ガク。




窓辺
 

そうなんでしゅよ。ボクっていがいとおりこうしゃんなんでしゅよ。



えっ、ホントですか~~?





窓辺ガク


立ってるじゃん!

あっ、ばれちゃいました。







事務所より

「おいでぇ~~」と言うと、みんな飛んできます!

おりこうさんばかりです!



サーフ社会復帰中!

我が家に来てから毎日がお勉強のサーフ。

まずはボスのぶんちゃんチェックです。



~玄関で~

おまえは新入りだね!ちょっとにおいかがせてね。

ぶんちゃんチェック




はいぃ~、どうぞですぅ~・・・。

におい嗅ぐよ




~リビングで~

  
くちょ~~~、おまえがくるまではぼくだけのママだったのにぃ~~!

サーフやめて



ガクにいちゃん、ごめんなさい。
でも、ぼくのほうがほんとはおにいちゃんなのに・・・。


ガクえばる





毎日いろんなことを体験中のサーフ。

一進一退ですが、前を向いて進んでいます。


ママのお膝でスヤスヤ眠るサーフ。


環境の変化についていくのだって大変なことでしょう。

そりゃ、疲れるよね。


サーフねんね

  
疲れるですけど、楽しいですぅ。




そして・・・

最近のガクとサーフは変わってきました。
最初は寄ると触るとガクがサーフを威嚇していたのに、上下関係がきっちりついたようで、サーフに怒らなくなりました。

サーフも必ずガクのところへ行き、おなかを見せたりチュッチュしたりしています。

がっくんすきです~

この態勢も以前なら、「あぁ、ガクったらまた意地悪して・・・」の図でしたが、これはサーフがみずからガクの口の下に回りこんで、チュッチュしているんです。


ガクもまったく怒らず、好きなようにさせています。

ガクとサーフの権力争いは圧勝でガクでした!(やや不戦勝?のような気もするけど)

ゆるゆるのガク

悪っこガク。

やしの繊維でできたぬいぐるみがゴミになってます。

ガクぼろぼろ



ガクのトレーニング風景

ガク靴下

靴下やら、ぬいぐるみやらが散らばってますが、あくまでトレーニングです!

ワタシがズボラなわけじゃあありません。

この状況で、くわえてもいいものを選ばせる練習です。

靴下ではなく、ぬいぐるみを選んだらうぅ~~~んとほめてたくさん遊んであげます。

靴下のときは無視です。
(ガクは甘えっこなので無視が効きます!)



「トレーニング」と言う名の「遊び」をして眠くなったガク。

ガク眠い


もう、目がくっつきそうです。



ボク、ねむいでしゅよ~~。

ガク眠い2

目がくっついちゃいました。



おやすみなさい、ガク。

ガク年ね

スピッツ~~!

おととい、スピッツを引き取りに行って来ました。

先日、性格診断をしに行ったときからずっと気になっていたコ。

他の犬たちは、吠えたり興味を示したりとこちらのアプローチに対して何らかの反応を示してくれたのに、このコは、ただただ目をそらしうつむくだけで、うんともすんとも言わない。

何か諦めきった、表情のない顔がとても印象に残って・・・。



と~~ってもクチャイのとケダマンなのとで、センターのトリミングルームを貸していただいてシャンプーしてきました。


シャンプー前の不安げな顔。

サーフ不安シャンプー前

はかなげな顔立ちでオンナノコとばかり思っていたので、ポロンとたまたまに触れてびっくり!

名前もゆきちゃんにしようと思ってたくらいだし。

これはイカンと、洗いながら名前を考えて・・・。


シャンプー

水が黄色くなるくらいきたなかったですぅ。4回洗いました!


ゆきちゃん→雪→スキー→苗場スキー場→ユーミン→スキー天国サーフ天国(ふるっ)→サーフ


で、「サーフ」に決定!!



ドライヤー前のブルブル。

小さいので我が家のコのように、きみはシャチかっ!って思うくらいの水しぶきにはなりませんでした。

ブルブル


洗う前に念入りに毛玉をとったつもりだったのに、ブロー中にも発見。

トリマーさんになった気分ではりきってやりました!


サーフ心配顔


お手伝いに来てくれたセンターのおばちゃんに抱かれて、またまたちょっと不安気。

まるであざらしの赤ちゃんのよう。



しばらくすると・・・。

落ち着いて安心したのでしょう、寝ちゃいました。


おばちゃんに抱かれて

寝てるのに腕にぎゅっとしがみついているサーフ。

人に体をゆだねたことが無いのかもしれません。寝ながらも心のそこからリラックスしていないんですね。


そこいくと、ガクなんて今ではこんにゃくのようにデレデレしちゃいます。

はやく甘えてわがままが言えるようになってくれるといいなぁ。





リードをつけての初めてのお散歩。

やはり最初はかたまってしまい、手を差し伸べるとすぐにひっくり返ってお腹を出します。
でも、ここでのお腹だしは、撫でて~~のお腹ではなく、何もしませんから許してください、の意味なんです。

完全降伏するからボクのことはほっといて!というボディランゲージ。


サーフ撫でなで

少しの間気がすむまで、ゆっくりさせて、その間私はナルちゃんとイチャイチャ。

すると、そんな光景が不思議に思えるのでしょう。

楽しそうにしている私たちに興味を示してきました。

ナルちゃん、グッジョブ!


ナルと散歩


オシリのにおいをかいで、リラックスモードを感じ取ったのでしょう。

再び歩き初めてくれました。

今朝もナルちゃんとお散歩しました。


少しずつですが、感情を取り戻しつつあるサーフ。




ガクのベッドで

ガクのふかふかベッドで休憩。

こんなにふかふかで軟らかく、汚れていないベッドなんて久しぶりだったのかなぁ。

ベッドをとられて少々不満げのガクでしたが、そこはガクのいいところ。すぐに許してくれました。


愛情いっぱいの家族を募集中です。




おすまし

ボクも募集中です!!byガク

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる