ぺぺばあさんが立てなくなってきました。

あれれ?と言っている間に悪くなってきました。

この3日でガクンと悪くなりました。

この前までは、昼間どんなに寝ていてもごはんのときは立ち上がって、食事台まで歩いてきてこちらの様子を伺っていたのに、「ぺぺ~、ごはんだよ~~!」と声を掛けても、こちらを見はするものの、自力で立ち上がれずヒョロヒョロ鳴いて私を呼ぶようになってしまいました。

後ろ足に力がはいらないので、立たせても足の位置はそのままで、お尻がすとんと落ちて前足の横に後ろ足がきてしまいます。


するとその体勢からは横になることも、もちろん立つこともできないので、少しずつ前足を動かしてなんとか楽な体勢にしています。

体を支えながら歩かせるときも、左へ左へと回り込んでしまうので、ぺぺの左に立って腿でぺぺの頭を押しながら歩かせてます。

天気の良い日は暖かいうちに散歩へ連れ出します。お日様に背を向けるのではなく、ペペと二人、お日様に向かって歩いていきます。そうするとなんとなく「前向き!」なカンジでしょ!


多分、どんどん弱っていくと覚悟はしているけど、できるなら歩けるようにしてあげたい。

「自分で歩けて、排泄できて。」

これができなくなってしまうとホントに弱っていってしまう。


彼女の意思を尊重しながらも、介護しやすい方法をこれから考えなくてはいけない状況になってきました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる