ご飯を食べないの

ぺーちゃんがご飯を食べなくなってしまいました。

お水を飲むのもままならないようで、頭を持ち上げていらないの。

口の中も乾いてしまっているので、シリンジで飲ませたらゴクゴク飲んでくれた。


でも食べ物は何をあげても、「イヤ」とばかりに口をあけてくれない。


「水分は点滴から、栄養は口から」


これを忘れずに守っているので、カロリーは口からとらせたい。

お助けアイテムのぶどう糖をヨーグルトのマハロ割りに入れて、カロリーアップ!


ぶどう糖は1グラム4キロカロリーなので、とても計算しやすいの。


痩せる為じゃなくてカロリー計算してるなんて、我が家ではぺーちゃんくらい。


実は、先日、天気が良かったので、ぺーちゃんのお布団を干してて、敷き直す間だけベッドにのせて寝かせてたの。

そしたら、ベッドから落っこちちゃって。


それに、最近どうしても起きれなくて、夜中に一回しか体位変換もしてあげれてない。

身体がアメーバにでもなったようで、ガムを引きはがすみたいな感覚なんだ。


だから、ぺーちゃんのお世話も、満足が行くようにはできてないのがホント。


だからかなぁ。


だから、ぺーちゃんご飯食べてくれないのかなぁ。


「この生活がいつまで続くのか…」


ぎゅうの看病もぺーちゃんの介護も、「終わる」ということは「亡くなる」ということ。


アタシはそれを望んでるのか?


そんなこと、絶対に望んでない!


だから、いつまでなんて考えてしまった自分がとてもイヤになる。


ひょっとして、こんな気持ち、伝わってしまうんだろうか。

ぎゅうは「あたりまえでちょ。がんばっておせわしゅるのよ!」くらいに思ってるだろうけど、ぺーちゃんはひょっとしたら「迷惑かけて…」って思ってるのかも。


とにかく、立ち上がれ!

こんな時の為に蓄積したんじゃないの、この脂肪は!


まだまだ燃焼しまっせ!



なので、頑張ってご飯食べてね。

ぺーちゃん。
スポンサーサイト

コメント

昨日、久しぶりにぺーちゃんに会って
触らせてもらいましたが、フワフワで
とても穏やかで優しい顔をしていて
なでているとこちらの気持ちが癒されました。
ぺーちゃんが辛そうだと心が痛みますが
お店で会うぺーちゃんはいつも幸せそう。
きっとお母さんの頑張りや愛情が伝わっているんですね。
ぺーちゃん、頑張れ~。

プリンさん、コメント有難う!

ぺーちゃん、幸せそうでしたか?
そう思ってもらえると安心します。
毎日一緒にいるとなんだかわからなくなるときがあるので・・・。

私はプリンさんのブログを見て癒されていま~す。
Secret

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる