読んでみて

20091002161021


この本をご存知の方も、多くいらっしゃると思います。

お客様に貸していただき読みました、私も!

リストラされ、離婚した中年男性と飼い犬の話なんだけど、世間の事情やなんやかやに、「どうして!」って、腹が立ったりもするんだけど、「あぁ、犬と暮らして幸せだったなぁ、この人は」って最後はしんみりしました。

人が先に亡くなるのだけは、絶対にしちゃいけない事だと強く思っている私にとっては、やや不満なてんもあったけど、人と犬が、お互いがお互いを最後までおもっていけて、しあわせな家族だったんだろうと、胸があつくなりました。

飼えなくなったから処分、なんてまったく思う事なく、犬の命と人の命とがそれぞれ支え合って、必要としあって・・・。


この物語に出てくる人は、ものすご~~く愛犬家ってわけじゃないところが、よけいにいいんだと思う。

ぜひ、読んでみて下さい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる