頭つかてま~~すpart3

ごろう、いよいよ難しいバージョンに挑戦です!

骨型のふたが無いのは、難なくこなせるようになってきたので、ここでステップアップ!


難しいバージョンに挑戦。


ごろうスタート


心なしか緊張気味のごろう。


ごろうはとても慎重派なので、まずはきちんと説明してあげます。

これは性格ですね~~。ぶんもナルもいがいと何でもやってみる派なんだけど、ごろうは考えてから行動にうつすタイプ。これはビビリの性格ならでは!かも。


ほね見て


まずは骨が動くことを教えてあげます。このときチラッとごほうびを見せてあげて、テンションを上げ気味に!


取れないでしょ



次は、骨のふたがあるとトレーが回らないことを教えてあげる。回そうとしても骨に当たって回らない。

さぁ、どうする?ごろう!


鼻で押したり、口でくわえたりといろいろチャレンジ!

そう、グ~~


ほとんど、まぐれ的にもふたが開いた!!

ラッキ~~~。


これでやっとトレーが回ってくれて、すべてのごほうびをゲットできます。


2回目は鼻だけでなく、手を使わせたいと思っていたら、自発的に手が出てきた!!

よし!いいぞ、ごろう!と思ったのもつかの間、キャインと言ってびっくりしてるではないの!


何事かと思ったら、ふたにあいているほんの小さな穴に爪が挟まった様子。


ほね


ビビリのごろうにしてみたら一大事だったのでしょう。

しかし、どうしてこんな小さな穴に爪を挟むかねぇ・・・。


ほんとに間の悪いおとこですぅ。


この後、しばらくドッグトルネードに近寄らなかったのは、言うまでもあるまい。

スポンサーサイト

コメント

Secret

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる