スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一喜一憂

それは先週の木曜日のことでした。

どうも調子がおかしいし、まったく起きてこないので、いささか心配になり口の中や耳を触ってみるととても熱い。

体温を測ってみると39度7分もある。

しかし、今はもう夜の九時過ぎ。


病院へ電話するのはためらわれて、とにかくぶんちゃんを2階のベッドから1階へと下ろす。

お布団で寝かせ、アイスノンを枕の下にあてて冷やす。

お水をシリンジでなんとか飲ませたりしていくうちに、呼吸も落ちついてきた様子。


アイスを口元に持っていってもまったく食べないので顎にぬってあげるとイヤそうにクチャクチャする。


翌朝、オシッコと下痢便をもってすぐさま病院へ連れて行った。


待合室で寝込んでしまうほど。

グロッキー病院


オシッコにたくさん菌がいて腎臓までいっているので高熱が出たらしい。

膀胱炎ならば高熱は通常出ない。

腎盂縁の疑いあり。


点滴入院になってしまった。


ぶん太をおいて一人車での帰り道。


号泣。


夜、お迎えに行くと明日も一日点滴入院をしたほうがいいでしょう、と言われる。


でも、意外と元気!

助手席でも立ち上がって景色を眺めちゃったりして、ややご機嫌。



おっ、点滴が効いたか!!


ご飯もモリモリ食べてくれた。


これで明日もやれば元気になるかも。





その通りにはならなかった。


グロッキー家

期待したようには回復せず、ご飯もあまり食べない。

翌日も寝たっきり・・・。


月曜の朝、やっぱりだるそうなのでお熱をはかってみると、39度5分。

病院へ連絡し解熱剤を出してもらう。


ぶん太を家に残し、ダッシュで病院へ!

お薬の説明が担当してくださっている院長先生からあるとのでちょっと待っててください、と言われそわそわしながら待つ。


いつも優しく丁寧に教えてくれる。

そして何より頼もしいのは

「なんとかしましょう!」


って言ってくれるの。

解熱剤を飲ませ、自宅で点滴をさせていると、しばらくしてすっごい元気になっちゃって、オシッコに出せ!だの、腹が減った!だの、散歩に連れてけ!だのと、うるさいうるさい!



で、まず散歩。

ぶん点滴散歩


点滴しながらいきました。




晩ご飯。


ぶんごはん1

いつもぶんちゃんのだけ空だったのが寂しかった。




これはぶんちゃんのスペシャルご飯。


まぐろのお刺身と牛肉のボイル、付け合せはお野菜を圧力鍋でトロトロにしたおじやでございます。


ぶんごはん2





久しぶりに食器から食べてくれました。



ぶんご飯3










まぁ、この日は始終ご機嫌で、あまりに動き回るので途中で点滴を断念しちゃいました。




続きはまたね。



スポンサーサイト

コメント

Secret

カテゴリー
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん
浜松市大平台3-14-1
tel 053-485-6011
営業時間 10時30分
          ~18時
(4月~10月は19時まで)
定休日 
 ショップ毎週月曜・火曜
 ホテル元旦のみ
動物取扱責任者 
       河村由貴子
動物取扱業登録番号
訓練 第223306039号
保管 第223306040号
有効期限 
   平成28年6月19日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。