輸血のその前

輸血を決めた理由、実はまだあったんだ。


先生と相談してるとき、私はこう聞いた。

「もし、輸血しなければこのままいけますか?」ではなく、正しくは、


このままゆっくりいけますか?


と。


先生は目を伏せ首を振った。

「ゆっくりではありません。加速度的にでしょう。」



…加速度的?


それってどれ位の速さ?


自転車くらい? それともジェットコースターくらい?



すごく怖かった。

そんなのはイヤ!



輸血して、今は三輪車くらいの速さなのかなぁ。

止まるってことはもう無いけど、できる限りゆっくり、できるだけ遠回りでいきたい。
スポンサーサイト

コメント

願わくば…

どうせ行くなら遠回り…

寄り道しながらゆっくりと…

牛歩のように…
Secret

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる