リンダちゃん、頑張ってるよ

水曜日、病院へ行って来ました。

小さいので治療は出来ないだろうなぁ、と思いながらも、このままでは死んじゃう!と藁にもすがる気持ちで行って来ました。


先生からも見るからに悪そうだね・・・と言われ、なんとかなりますか?と尋ねると、とにかく小さすぎて治療はできないと言われました。


やっぱりか・・・。


入院して点滴とか出来ないか聞いてみると、とにもかくにも小さすぎて、、点滴がかえって体に負担をかけらしい。


検便してみても異常なし。



実はワタシがこのコたちを引き取ったときにまず思ったのがリンダちゃんのこと。


生きようとするオーラが感じられなかったの。

育たないかも・・・。


そう連れてきてくれた方に告げると、それまで預かってくれていた病院ではパンダちゃんがミルクの飲みが悪かったようで、まさかリンダちゃん?と思った様子。


こんな感覚がいつの間にか身についたのかしらね。


保護したときにどんなに病気のコでも、そのコのもっている「生きよう!」というエネルギーが強いコはなんとかなる。


その生きようという力に、ワタシのなんとかしてあげたいエネルギーが加わって、いい方向へ向いていくのかな。


でも、リンダちゃんにはそれが無い。




今回診て頂いた病院では、とにかく栄養をつけていくしかないです!と教えていただいた。


しかし、ホントに飲まないんだよ。


そこで直接胃までチューブと通してミルクを飲ませることになった。


早速教えていただく。


子猫チューブ

リンダちゃんの口から胃までを計って、チューブの赤いしるしがあるとこまでお口から入れていく。

結構長い。


ちゃんと胃に入ってるか空気をいれてふくらみを確認。


チューブと注射器をつないでミルクを注入。

このとき「ラブちゅうにゅう~~」といってあげるとなお良い。


チューブを引き抜くときは、食道に液体が残らないように、注射器で液体を抜きながら引き抜く。


このさい、チューブだろうがなんだろうが死んじゃうよりはマシなので、とにかくチャレンジ!


病院ではぐったりしてたので、比較的簡単そうに見えた。



しか~し!



ちょっと元気になってくると、暴れてそりゃあ大変さ!

なんてったって、280グラムだよ!

ちょっとギュッって持ったらつぶれちゃいそうだもん!


こんなガサツな大型犬仕様のワタシに、

「そ~~~~っと持ってね。でもしっかり持たないと落としちゃうからね」

みたいな、繊細かつデリケートなことをさせるなんて、リンダちゃん、アナタはたいした猫ちゃんですよ・・・。



これを4時間おきにやってます。


眠いです・・・。



でも、その甲斐あってリンダちゃんは元気になってきました!

今朝は哺乳瓶から飲みました!




子猫パンリン違い


左がパンダちゃん。体重で言うと70グラムくらい違うんだよ。

ロンダちゃんとなんて100グラムは違うよ!


早く大きくな~~~ぁれ。

そして、ワタシを寝かせておくれ・・・。


スポンサーサイト

コメント

こんにちは~
チューブであげるの難しそうですね^^;
これからも元気に過ごしてくださいね♪

またもや…

またもや寝られない生活ッスか…
ホントに身体には、お気をつけあそばせ…
Secret

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる