ぶん太のこと

今日は4回目の月命日。

早いなぁ・・・。


昨日昔からの犬友達から久しぶりに電話があった。

13歳になるワンコが「ガン」になったって。


どうしていいかわからず、電話をくれたよう。


詳しく話を聞いていくと、肺に転移してしまうのでとにかく早く摘出手術をしないといけないと獣医師から言われて、動転してしまったんって。

今、全然元気だし、本当にしなきゃいけないものなの?って。
  
そりゃそうだよね。



どんな検査をしたのかなど確認すると、甲状腺ホルモンの検査などをしたらしい。

何故、甲状腺?

で、肝心の細胞検査はしたのかたずねると、してないとの返事。


じゃぁ、何故ガンだってわかったの?

「触った感じがガンだし、検査はそれをとってから出します」


って言われたって。


えぇ~~~~~!じゃぁガンかどうかもわからないのに、13歳の犬に全麻かけて臓器をとりだすの~~~!



いくらなんでもワタシでも不安になるよ!


もう一度、しっかり確認してからするかどうか決めたほうがいいとアドバイスした。


それと、先生を信頼できるのかどうか。



だって、正直なところ13歳で、進行性のガンじゃないなら、温存もありだと思うし。


ワタシは命にかえても絶対ぶん太のお世話する!っていう覚悟で手術に臨んだ。


また有難いことにそれが出来る状況だった。




病気とどう向き合うかは人それぞれ。

出来ることを出来る限りしてあげることが一番いいと思う。



余談だけど、アタシがペットロスになっていないことに友達は心底驚いてた。

ワタシも正直いって驚いてるけど、出来ることはすべてやってあげることができたからだと思ってる。


ぶん太もワタシも最高に幸せな出会いだったから・・・。


ありがとう。Sweet Angel君







スポンサーサイト

コメント

Secret

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる