スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児日記

離乳食始めました!!


乳歯も生え、いよいよ離乳食にチャレンジ!!



最初は指につけて子犬たちの口元へもっていき、舐めるように促していくんだよ。




食べるかなぁ・・・ どうかなぁ・・・




   離乳食1


やった~~~! 食べた~~~~~!!!


ほんとにほんとに少しずつ少しずつね。



おっ、これはイケル!と2回目はお皿でチャレンジ!



離乳食3


ブッチーズのメリちゃんとチャン君は案外積極的。




ですが・・・


離乳食2



シローズのクリちゃんとクンちゃんは 


「はぁ? こんなのごはんではないのです」


といいたげ。



どのみち自分達で食べれるわけもなく、結局こうなりました。







離乳食4



食べたんだか、マットのぬったくったんだかわからない有様です。





ワタシは子犬や仔猫を育てるときは肝に命じていることがあります。


それは

「寒い思いをさせないこと」


そして・・・

「ひもじい思いをさせないこと」




赤ちゃんはお腹がすくとお母さんのおっぱいをさがします。

そしてあったかくてでっぱてるものをお母さんの乳首と間違えて吸ってしまうのです。



これがごく稀ではありますが悲劇を生むことにつながってしまうの・・・



子犬同士、お耳やおチンチンをおっぱいと間違えてチュパチュパします。

強いコなら逃げられるけど、弱いコはされるがままに。




これは悲しい実話です。

保護したときにはすでにおチンチンは腫れあがり、お耳を吸われ続けたコは、傷口が化膿しばい菌が脳に入って死んでしまったそうです。




この話を聞いたとき涙がとまりませんでした。

お母さんのいないコ達が寒さや飢えをしのぐための本能的な行動なのでしょう。


3時間ごとにミルクを飲んでいるうちのコたちだって、おチンチンを吸いあいます。

すぐに気がついて離しますがそれでも傷ができちゃうことも。


離乳食5



いつもお腹がいっぱいであったかくネンネができるように。


それをいつも肝に命じています。





ポンポコのお腹。あったかいおうち。

離乳食6






さぁ、ネンネですよ・・・。


離乳食6、



仲良く寄り添って・・・。


離乳食7





ワタシの手にゆだねられた小さな小さな命。


大きく強い命になりますように・・・。

スポンサーサイト

コメント

Secret

カテゴリー
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん
浜松市大平台3-14-1
tel 053-485-6011
営業時間 10時30分
          ~18時
(4月~10月は19時まで)
定休日 
 ショップ毎週月曜・火曜
 ホテル元旦のみ
動物取扱責任者 
       河村由貴子
動物取扱業登録番号
訓練 第223306039号
保管 第223306040号
有効期限 
   平成28年6月19日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。