ナルちゃん脳梗塞に!

びっくりしました!!

明け方、グェグェという音で目が覚めると、ナルちゃんがクッションでゲボ。

よくあることなので、ちゃっちゃと片付けようと思ったら、ナンカ違う。
ナニかは分からないけどナンカ違う。

あっ、このまま失禁するな!

その準備をしようと思ったらすでにベッドに失禁のあと。

やっぱりナンカへん!!

そう思ったとたんにナルがふらつき、よだれを垂らしながらよろよろと、まさに大揺れの船を歩いている人みたいになって!

声をかけても目の焦点が定まらず、私をみることもできない。

バタバタと倒れてしまうので抱き上げてお布団へ。

しっかり抱きしめていないと、身体ごと揺れちゃう。

様子を観察すると、目が振り子のように左右に振れていて速度もものすごく速い!

朝6時半過ぎ。

迷ったけどかかりつけの先生の留守電へメッセージを残し、そっこうで着替える。

程なく先生からお電話があり、症状を伝えると

「あぁ、脳梗塞ですね・・・。かわいそうですがその場合いかなる薬も投薬してはならないんですよ。」

えぇ~~~!こんなにゲロゲロなのに何もしないんか~~~~!!

とは聞かなかったけど、そんなようなことを聞いたら

「吐いたものが詰まらないように注意して、口内の色が悪くなってきたら連絡ください」

との指示。

昔はステロイドなどの処置をしてたが、良し悪しの結果になることが最近わかってきたので、現在は積極的な投薬はしないんだそう。

「眼振も2~3日で治まり、3週間もすれば元にもどりますよ。ただ首がかたむいてしまうかもしれませんが・・・。」

命とられずに済むんなら、首が傾くくらい全然いいっす!!!

脳梗塞3


ぶんちゃん亡きあと、我が家の長男ごろうは心配らしくナルちゃんを見守ってくれてる。

モコは「ワタシも病人だし~」とばかりに我関せず・・・。

ちゃんはワタシのそばで着かず離れず状態。

末っ子あんちゃんは、よだれだらだらでバタバタとひっくり返るのが怖いらしく、廊下の隅っこでちっちゃくなってた。

いっぱいいるとそれぞれの反応もこれまた様々。

まぁ、そのときは必死だったからそんなことにかまけてられないですけど!


眼振も、こんなんでホントに2~3日で良くなるの???と、先生の言葉をにはかには信じられなかった。

あの食いしんぼうのナルがご飯も食べず、おしっこもお漏らししちゃうし、ホントに歩けないし・・・。

けど、さすが!! 

先生のおっしゃるとおり、眼振が治まってきたらゲロゲロもお漏らしも治ってきた!

ご飯!

それでも立ってご飯は食べられず、寝たままで食べていたのも、5日目くらいから自力で立って食べれるようにまで回復!!

やっと介護生活も終わりを迎えつつある。

うちのコたちは20キロ前後なので、寝付いてしまうとそれはそれは大変なことに!

なので発症後の3日間は抱っこしてても、なるべく転ばないように補助をしながらも、積極的に歩かせてた。

けど、段差や車の乗り降りなどは出来るはずも無く、抱っこ。


若くはない・・・ ことを実感しました。

犬も高齢化が進み、人と同じ病気が増えてきてるんだなぁとしみじみ感じた、ナルちゃんの脳梗塞でした!
スポンサーサイト

コメント

Secret

カテゴリー
プロフィール

たまちゃん

Author:たまちゃん
浜松市大平台3-14-1
tel 053-485-6011
営業時間 10時30分
          ~18時
(4月~10月は19時まで)
定休日 
 ショップ毎週月曜・火曜
 ホテル元旦のみ
動物取扱責任者 
       河村由貴子
動物取扱業登録番号
訓練 第223306039号
保管 第223306040号
有効期限 
   平成28年6月19日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる